2009年02月20日

THE FAVE RAVES

おはよ
こんにちわ
こんばんわ

いつ見てるか分からないからあいさつ全部


と、古都ひかる風に始めてみました。
4/11の京都ロンドン化計画に出るバンドの紹介第二弾です。
「このバンドはジャンルで言うと…」なんてナンセンスなので、まずはこの動画をどうぞ。



昨年末のロンドン化忘年会に出て頂いた時の映像です。ゲストでワントラのホーン隊が参加しています。
めちゃくちゃ黒い…ですよね。陳腐な表現で申し訳ないですが、日本人離れしています。

以下wikipediaから転載。

The Fave Ravesは、日本のソウルバンド。東京を中心に、活動は日本各地。曲はオリジナルの他、現在はサザン・ソウルのカバー(オーティス・レディング、サム・クック、サム・アンド・デイヴ、ウィルソン・ピケット)を主に演奏。
1990年マディ・ランプスの青山ハルヒロとヒトミトキオを中心に結成。2枚のオリジナルアルバムを出した後、1995年活動休止。2004年の東京MODS MAYDAYにて、元The Dismate(ディーズメイト)の関アキシロの参加と共に復活。その後数枚のオムニバスアルバムに参加。現在も各種イベントに出演中。
 
だそうです。もう少しで結成20周年。復活してからは5年ですね。大先輩。
僕自身が初めてThe Fave Ravesを見たのはいつだったか忘れてしまいましたが、2006年のMODS MAYDAY(渋谷duoでやってましたね!)で見た時には「今日も格好いいなあ」と思った記憶があるので、その前には見たことがあるはず。それからいつ見てもcoolでhotで、演奏が始まるとなるといくらお酒を飲んでいてもステージの方に向かってしまうバンドです。

現代の日本人が当時の黒人音楽を演奏すると、良くも悪くも「ROCK」的な部分が大きくなってしまいます。しかしながら、The Fave Ravesはまさに「SOUL」であり「R&B」。それなのに全く古臭くなく、Paul Wellerの言葉を借りるなら、古いレコードの溝に未来が詰まっているのです。非情に稀有な存在でありながら、普遍的な格好良さを持ったバンドだと思います。僕みたいな若造がわかったようなこと言ってごめんなさいですが。

という訳で、関西方面の方はThe Fave Ravesのステージをお楽しみに!
RYMでした。

THE FAVE RAVESのHPはこちら→http://thefaveraves.com/
posted by ロンドン化 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。